『自民党改憲案21条2項は、現憲法の「言論の自由」を否定。98条、99条(緊急事態条項)は、人権侵害。勝手に逮捕。現憲法21条の「言論の自由」と「報道の自由」は民主主義の両輪。』

件名:自民党改憲案21条2項は、現憲法の「言論の自由」を否定。98条、99条(緊急事態条項)は、人権侵害。勝手に逮捕。現憲法21条の「言論の自由」と「報道の自由」は、民主主義の両輪。

【動画】

★160530 岩上安身による升永英俊弁護士インタビュー 〜自民党改憲草案21条「言論の自由」の制約について⇒ https://goo.gl/BeXQ3b

★160111 岩上安身による升永英俊・弁護士インタビュー 〜緊急事態条項について⇒ https://goo.gl/RLd4iD

シン・ゴジラから学ぶ憲法  - 緊急事態条項 - 『国民の権利没収』改憲ムービー⇒ https://goo.gl/GJTyCK

 みなさん、件名:自民党改憲案21条2項は、現憲法の「言論の自由」を否定。98条、99条(緊急事態条項)は、人権侵害。勝手に逮捕。現憲法21条の「言論の自由」と「報道の自由」は民主主義の両輪、に賛同署名、大拡散をお願いします。

【升永英俊弁護士の「言論の自由」】⇒https://goo.gl/c21KGd

?自民党改憲案21条2項は、現憲法言論の自由を否定している。

しかし、この大ニュースを、全ての新聞、全てのテレビが、今日まで、一切報道していない。

?そのため、今もなお、1億2000万人の日本国民は、約1万人を除いて、【言論の自由否定の新憲法改憲されようとしている危機】を全く知らない。

?来年にもあり得る、憲法改正国民投票の前ですら、新聞、テレビは、自民党改憲案21条2項が現憲法言論の自由を否定していつことを国民が気づくほど大きく報道しないであろう。

?菅違憲状態官房長は、憲法9条は、国民の間で反対論がまだあるので、今度の憲法改正国民投票提案から除くと発言している。

?改正憲法案から憲法9条の問題が除かれるので、国民投票の投票者の過半数(3000万人)は、現憲法言論の自由が否定されているという情報を知らないまま、現憲法言論の自由を否定する憲法改正案に賛成するであろう(私見)。

?新聞、テレビがなぜ、自民党改憲案21条2項が現憲法言論の自由を否定しているという大ニュースを報道しないのか?

その理由は、広告料の減少を防ぐためであろう。

?自民党違憲状態政権は、消費税を上げると同時に、法人税を29.5%に大幅に下げた。

?広告を出す側の法人は、自民党政権が選挙に負けることを嫌っている。

?自民党改憲案が現憲法言論の自由を否定しているという大ニュースが報道されると、自民党は選挙で大敗するであろう。

?新聞、テレビは、自民党改憲案が現憲法言論の自由を否定しているという大ニュースを報道すると、広告発注側の企業がそれを嫌い、広告注文が競合新聞、競合テレビに行くことを恐れて、今日まで、自民党改憲案が現憲法言論の自由を否定しているという大ニュースを報道してこなかったのであろう(私の推測)。

?麻生・違憲状態財務大臣の歴史的発言(「ワイマール憲法がいつの間にか変わってて、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気が付かないで変わったんだ。あの手口学んだらどうかね。」)(2013/7/29)は、日本の現代史にシッカリ刻まれている。

 1933年3月、ナチスが、ドイツのワイマール憲法ナチス憲法に変えた時、ドイツ国民は、ナチス憲法への改憲を知らなかった。

 今もなお、全ての新聞、全てのテレビが、自民党改憲案21条2項が、現憲法言論の自由を否定していることを報道しないので、1億2000万人の日本国民は、【自民党改憲案21条2項が、現憲法言論の自由を否定するという絶対絶命の危険】を知らない。

 1億2000万人の日本国民は、今、1933年にドイツ国民が置かれた地位と似た地位に立っている。麻生・違憲状態財務大臣の歴史的発言(=「あの手口、学んだらどうかね」)が、頭をよぎる。

? わたしは、北朝鮮労働党独裁国家の領土内で、毎日生きている人々(約2500万人)のごとく、言論の自由を否定され、頭脳に限って言えば、奴隷の如く生きることを拒否する。

-----------------------------------

シン・ゴジラから学ぶ憲法  - 緊急事態条項 - 『国民の権利没収』改憲ムービー⇒https://goo.gl/GJTyCK

自民党憲法改正草案 98条、99条(緊急事態条項)◆

? 誰が緊急事態を宣言するのか?

内閣総理大臣は、…閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる(98条1項)。」

⇒ 内閣が自分で宣言できてしまう。

? 国会の承認が必要だから大丈夫なんじゃないの?

「緊急事態の宣言は、…事前又は事後に国会の承認を得なければならない(98条2項)。」

⇒ 与党が多数を占めているのだから、当然、スルーされる。

? 100日を超えるときは更新の手続が必要だから大丈夫なんじゃないの?

「百日を超えて緊急事態の宣言を継続しようとするときは、百日を超えるごとに、事前に国会の承認を得なければならない(98条3項)」

⇒ やっぱり与党がスルーしてしまう。

? 緊急事態だと内閣は何ができちゃうの?

「緊急事態の宣言が発せられたときは、…内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができる(99条1項)」

⇒ 国会関係なし。

⇒ 今でこそ、安保法制は国会で議論されていますが、緊急事態宣言の後は、内閣が自分で勝手にやってしまいます。

? でも、政令は国会の承認が必要だから大丈夫なんじゃ…

「前項の政令の制定及び処分については、…事後に国会の承認を得なければならない(99条2項)。」

⇒ 繰り返しですが、与党が内閣の決めたことをそのまま承認します。

? 緊急事態でも、人権はさすがに保障されるんでしょ?

「緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。

この場合においても、第14条、第18条、第19条、第21条その他の基本的人権に関する規定は、最大限に尊重されなければならない。(99条3項)」

⇒ 要は、人権侵害できるということです。

  というか、人権を制限することが緊急事態宣言の目的です。

⇒ 尊重する=ただの言い訳で、侵害はするということです。

⇒ 財産を徴発して、補償しないということも考えられます。

  現行憲法では、29条で補償されることになっています。

⇒ 意に反する苦役(18条で禁止)を課すこともできるようになりかねません。

  徴兵制への道が開かれる恐れがあります。

? 選挙で政権交代すれば緊急事態宣言は終わらせることができるんでしょ?

「緊急事態の宣言が発せられた場合においては、…その宣言が効力を有する期間、衆議院は解散されないものとし、両議院の議員の任期及びその選挙期日の特例を設けることができる。」

⇒ 緊急事態宣言をスルーする与党がずっと国会を支配しかねません。

⇒ 緊急事態宣言が継続している間は、国会議員の任期は終了しないという特例を設けることもできてしまいます。

-----------------------------------