イス

2月にダイニングテーブルと椅子4脚etcを買おうと家具屋へ行った。

家具屋の販売員があなたのご希望の日程に配達できます。

と確約してくれたので即座に購入を済ませたのだった。

しかしその約束は守られなかった。

数回に渡る配達日変更を余儀なくされた。

こんなに酷いことは日本では有りえない。最悪だ。

とストレスがマックス状態。

聞くところによるとアメリカではしょっちゅう起きる出来事だという。

ふーんだ、家具屋!

ところでふたり家族の我が家。

普段に使うイスは決まっていて2脚だけ。

この度の転居で普段使いのイスが

意識しないうちに変わったみたい。

なんか、おかしい。

グラグラする。

イスをひっくり返してネジを見る。

ネジの本数が足りない。

ネジが壊れている。

4脚あるうちの2脚に不具合あり。

座っている時に壊れでもしたら一大事。

もし訪ねて来てくれた友達に

怪我させることが起きたら大問題。

すぐに修理してもらおうと

相方が家具屋へ椅子を運び入れる。

家具屋受付の兄さんは

あなたが自ら裏の修理工房へ運んで。って一言だけ。

壊れた家具を売りつけといて何だソノ態度!

家具搬入の時にも我が家に最大な迷惑かけ続けたくせに。

アナタガハコンデクダサイナ。

と日本語で言ってみた。

受付の兄さんはIcannot私はできません。

そしてさらにIdonotyousays

(あなたの言うことが理解できません)

っていつもの私の言葉を口にする。

ふーんだ、家具屋。

仕方ないから相方に修理工房まで運んでもらった。

工房スタッフは多分よくある不具合のためか

不足のネジを補充し

壊れたネジを交換して

素早く修理を済ませた。

もう二度とこの店では買わないゾォ。

広告を非表示にする