ガソリンエンジンを開発してる場合じゃない

 電気自動車に強制移行させられるかもしれないのに、

 呑気にF1やってる場合じゃないんだよ、本田技研は。

 フランスさんが、2040年までに

 内燃機関エンジンの自動車を全面的に終了させたいと宣言しました。

 政府による、強制的なイノベーション政策です。

 これまでも、自動車産業は環境規制に対応するために、エンジンの燃費改良や排出ガス改善を行ってきた。

 ハイブリッド(HV)もその産物です。

 しかし、どれだけ頑張っても、ガソリンエンジンではCo2やNoXの排出をゼロにはできない。

 だから、電気自動車へ強制的に市場を移行させて、環境改善を図り、

 同時に自動車産業構造を根本的に改変する。

 これは自動車会社にとって、存続を揺るがす大事件です。

 過去に本田技研は、CVCCエンジン開発成功によって、一躍世界企業になれました。

 それと同じチャンスでもあるし、EV車の開発が遅れれば、倒産の危機でもある。

 電気自動車への市場移行は、新興のメーカーにも同じチャンスがある。

 インドや中国のベンチャー企業が、一気に覇権企業となる可能性もある。

 そして、基幹産業を失って大没落する日本の未来も、ありえないとはいえない。

 もう、F1なんかやってる場合じゃない

ザウバーF1、ホンダとの提携計画解消は「将来を考慮し戦略的理由で決断」。来季エンジンは近々発表

(AUTOSPORT web - 07月28日 06:42)