復縁したいと望む人は距離感というものをもっと大事にしなければならない1/2

自分自身にもパーソナルスペースというものはあり、相手にもパーソナルスペースというものはあります。一般的に身体的な距離の意味でパーソナルスペースという単語が使われることが多いですが今回は心理的な距離の意味でパーソナルスペースというものについて考えたいと思います。パーソナルスペースは個人個人で違う感覚を持つものであり似たような感覚を持っている人もいますが大幅に違う感覚を持っている人もいます。それ自体は普通の事でありかつ当たり前の事で誰でもわかっている事のはずですが、それをわかっていないような言動をする方は多いです。そういった方は相手との心理的な距離感というものをもっと考えなければなりません。

パーソナルスペースという言葉を正しく理解していない人もいますので一応意味を説明しておきます。パーソナルスペースとは他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも呼ばれる。一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある。という意味合いを持つ言葉です。今回は特に社会心理学的用語としてのコミュニケーションをとる相手が自分に近づくことを許せる、自分の周囲の空間心理的な縄張りをパーソナルスペースとして書いていきます。

お付き合いしている相手を過剰に詮索したり、過剰に束縛したり、無理に相手との距離を縮めようとすれば相手は嫌な気持ちになります。それは自分が相手のパーソナルスペースにずかずかと土足で踏み込んでいる、という状態だからです。相手の嫌がるゾーンまで無遠慮に踏み込んでしまえば相手を嫌な気持ちにさせる事は当然の事です。しかしここで、もう一つ考えなければならない事は過剰にという部分についてです。その過剰という言葉の範囲を自分の基準で決めるのか、相手の基準で決めるのか、という事はとても大切な事になりますし、関係性を築く上で必要不可欠な事です。

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

自分の言っている事がおかしいという事に気付いていない人は多い

復縁したいのであれば言い訳せず自分を改善するという事が不可欠である

にほんブログ村

復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります